1. ED初心者におすすめ!レビトラ通販を使ってみよう!   >  
  2. EDの原因と男性たち

EDの原因と男性たち

ネクタイ

今や男性の3人に1人と言われているED(勃起障害)。高齢の男性が多いイメージがありますが、実は若い男性にも広がっています。その誰でも成りえる原因とは一体何なのでしょうか。その真相をのぞいてみましょう。

ED(Erectile Dysfunction:勃起不全・勃起障害)とは正確には、 勃起が全然できない、あるいは勃起した状態を維持出来ず満足な性行為が出来ない状態を指します。自らの意思に反して勃起しなかったり、途中で中折れしたり、ゴム装着時などに萎えたりといった症状が3カ月以上持続するとEDと診断されます。

EDの原因は大きく2つに分けられます。まず1つ目が「器質性ED」、2つ目が「心因性ED」です。 1つ目の「器質性ED」とは、糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病が主な原因で起こるEDのことです。 生活習慣病が動脈硬化を招き、血液の巡りが悪化することで陰茎海綿体に十分な血液が送られず、EDを発症しやすくなるのです。 不規則な食生活、運動不足、過度の飲酒・喫煙など、日常生活のさまざまな習慣が動脈硬化の根源となり、その結果、血管や神経が障害を受けてしまい、EDを発症します。

そして2つ目の「心因性ED」は、日頃の生活で受ける心身のストレスやパートナーとの人間関係などによって引き起こされ、特に20〜40代の若い方を中心に広がっています。 様々なストレスが原因で神経の性的興奮がうまく陰茎に伝わらないために、EDを招いてしまうのです。

しかし実際は生活習慣病だけ、ストレスだけが原因ということではなく、どちらの要因も複合的に混じりあった結果、EDになってしまう 「混合型ED」が多いと言われています。また、抗うつ薬や降圧剤など一部の薬剤にもEDを招く原因となり得る(薬剤性ED)ことがあります。